名古屋市の中古バイクショップ | Bike Shop トサカ
HOME>オーダー製作について

| オーダー製作について |

オーダーの際のアドバイス

バイクは外装の色を変えるだけ印象が変わります。
カワサキ ゼファーを例に挙げるとペイントパターンは火の玉カラー・タイガーカラーなど人気絶版車の Z1やZ2を模したパターンが人気です。

ペイントは是非とも押さえたいカスタムの要所ですね。
カスタムの定番はやはりマフラー、排気効率を高めエキゾーストサウンドも変わる。心地よいサウンドに走 る喜びは倍増します。

ハンドルは見た目だけでは無くライディングポジションに大きく影響を与えるポイント。
UPハンドルは上半身を起こしゆったりとした乗車姿勢となり街乗りで扱い安くなる傾向があり、逆にハン ドル位置を下げると前傾姿勢となりレーシーな乗車姿勢となります。

教習車や白バイなどUPハンドルを採用しているモデルも多いようです。
シートはタックロール加工などでカスタム感を上げるのもいいですね。
女性や身長の低い方への足付き向上の為にアンコ抜き加工(シート座面を削る)も 昔から行われているカスタムです。

パイピングやベルト淵などの色をワンポイントで変更するのもおしゃれ。
個性を演出するには、ウィンカーなど灯火類や外装カウル類を社外パーツに変更する事もオススメ。
外装カウル類の新品は未塗装なので、ご購入後に変更する場合は再度ペイント作業が必要となり、塗装代 が別途必要となります。検討されているお客様はご契約時にお申し付けください。

灯火類では例えばウィンカー、ノーマルより小さくアルミボディーのヨーロピアンウィンカーに変更する事に よりバイクの前面や後部からのシルエットが引き締まりシャープに見えます。
逆に大きなウィンカーに変更すると横幅が大きな印象となりバイクの存在感が増します。大きすぎると昆虫 のように見えます(笑)

この他にも沢山のカスタムの方法がありますのでお気軽にトサカまでお問い合わせ下さい。