名古屋市の中古バイクショップ | Bike Shop トサカ
HOME>トサカblog

トサカblog

そろそろやばいな・・・        2011.1.22

格闘技の認知度を極めて上げたであろう
K-1がそろそろ本当にやばいかもw

前からちょくちょくファイトマネーの未払いなどの噂がつきなかったK-1.

全盛期は日本各地の大きな会場で開かれた大会も去年は国内で申し訳程度にやっただけw

中軽量級のMAXもTV越しに見ても会場に空席が目立ち視聴率も↓

モンスター路線でのファン離れ。

日本人有名選手の引退。

藤原紀香の離婚。


あ。

最後は関係ないかw


しかし去年の大会で一番見てて悲しかったのは韓国大会でしょう。

本当にお客さんが会場内に少なすぎる

あんな光景をTVで放送するなんてK-1自身がうちはやばいですよ~って

言ってるようなもんってな感じがww



そして、今日こんなニュースが



**********************************************




■公式発表 『イッツ・ショウタイム アリーナ大会に関して』

例年アリーナ大会チケットは12月1日から販売を開始しますが、本年は2月1日からの販売を予定しております。これはK1との合意によるもので、06年から08年までK1と共同開催したように、本年度アリーナ大会もK1との共同開催で予定しております。運営はショウタイムの手によりますがマッチメイクはK1プロデュースです。

しかしながら、メールや電話などでの数カ月にわたる問い合わせに関しK1から何の返答もありません。マッチメイクに関して1月11日がデッドラインと私どもは設定しておりました。5月21日の大会を万全に準備しようとすれば、この日がギリギリだからです。

一昨日1月18日にやっとK1から連絡がありました。試合が組めないといいます。
理由はK1に参戦した多くの選手にファイトマネーを払わなければならず、未払い選手たちと試合交渉が出来ないからです。長期にわたるK1の財政問題の深刻化はもはや隠し覆せるものではなくなっています。このような状態でK1が生き残ることが出来るかどうか疑問です。K1は全力で危機回避を試みていますが、投資家との交渉も既に停滞しています。

我々ショウタイムは、ここ数年多くの場でK1を助けようと試みました。ショウタイム所属選手への未払いに関しても寛大に見守っていましたが、借金は急速に膨らんでいます。
K1は『全て順調に行くでしょうが、予定していたよりもう少し時間が必要です』『そちらへの支払いとアリーナ大会のカード提供も今しばらく待ってください』と言います。

我々ショウタイムはK1がこの厳しい現状の中でも何とか生き残ることを切に希望していますが、事態がすぐに好転するとは思えません。故にアリーナ大会が5月に開催できるかどうか分からないのです。我々だけでアリーナ大会の運営は上手く行かないでしょう。なぜならマッチメイク作成だけで数カ月かかるからです。K1側は、問題がもうすぐ解決すると確信しているようで、今もって5月のアリーナ大会開催を主張しています。仮にK1が様々な問題を解決したとしても、アリーナでの共同開催は現実的に考えても9月もしくは10月の初旬が妥当です。



 

**********************************************






さて、

どうなることやら

がんばれFEG!






投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
意見は多種多様。      2011.1.19
皆さんは「人体の不思議展」ってご存知ですか?

名前だけ聞くとあんまりぱっときませんが、

簡単に書くといろんな人間の亡骸すなわち死体を展示してるんであります。

たんにホルマリン漬けにされた物・・・(物呼ばわりは失礼か・・・)死体ではなく

体を真っ二つに加工されてたり、輪切りにされてたり、皮をはぎとり筋肉と骨だけなどなど

なかには、ありえないポーズを強要?されてる方々が多数展示されてるんですが、

昔からこの展示や人体の加工に関しては賛成意見や反対意見が沢山ありました。

倫理的にどうだとか、などね

たまたま今日見たニュースがそれ関係だったのでコピペしときます。





京都市左京区で開催されている「人体の不思議展」(23日まで)について厚生労働省が「標本は遺体」との見解を示している問題で、会場近くに住む生命科学が専門の大学名誉教授が、「死体が展示されているため精神的苦痛を受けた」として、主催する同展実行委員会(大阪市北区)に損害賠償を求め、20日にも京都地裁に提訴することが19日、関係者への取材で分かった。

 提訴するのは、日本科学者会議の生命倫理研究委員会のメンバーでもある京都工芸繊維大学の宗川吉汪(そうかわよしひろ)名誉教授。宗川名誉教授が原告側代理人とともに同地裁を訪れ、訴状を提出する予定。訴状によると、宗川名誉教授は、同展会場の京都市勧業館(みやこめっせ)近くに居住。昨年12月4日から同展が始まり、「会場に死体が多数あるため、平穏な生活を営む権利を侵害され、多大な精神的苦痛を受けた」と訴えている。

 損害賠償額については検討中で、原告側代理人は「今回は違法状態を世間に訴えることが目的」としている。訴状では、同展で展示されている標本を「死体」とし、解剖した死体を同展の開催時間帯以外も会場内に置いておくことが、死体解剖保存法に規定されている「保存」にあたると指摘。死体を保存する場合は、開催地の京都市長の許可が必要だが、「申請がされておらず同法違反にあたる」として、同展の開催自体が違法だと訴えている。

 宗川名誉教授は「展示されている奇抜なポーズをとった標本の場合は、死後硬直前に薬品づけにしなくてはならず、死者の尊厳を冒涜(ぼうとく)している。当初は学術的な要素が強かったが、次第に商業性が強くなり、生命倫理的に非常に問題だ」と指摘している。

 同展をめぐっては近年、輪切りにした人体や臓器などを展示する手法が問題視され、後援を取りやめる企業や団体が相次ぎ、抗議運動も活発になっている。同展実行委は19日午前の産経新聞の取材に「文書で回答する」とコメント。これまでに回答は届いていない。



ってな事だそうです。

私の個人的な意見は長くなりそうだから書きませんw

が!

なんか気になるってあなたの為に

あの尖閣問題で話題になったYouTubeにうpされてる人体展の動画載せときます。

気分を害される可能性がある方は閲覧注意です。

↓をポッチとやればパソコンからなら見れます。

http://www.youtube.com/watch?v=AUc6RwnDJ1w&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=wH0loYU-tLg&feature=relatedhttp://www.youtube.com/watch?v=wqOzCwbvEXQ&feature=related










投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ちょっとおもしろかったので     2011.1.13
ふと見た方のブログがおもしろかったので
勝手にコピペしちゃいます。




伊達直人の話、マスコミが持て囃すこともあって、益々増殖しているが、太宰治が、志賀直哉の「小僧の神様」を「貧しき者への残酷さ」と指摘したように、あれは美談でもなんでもなく残酷な行為というべきだろう。

ここに、両親を交通事故で失い、不幸なことに引き取る親族もなく、今は施設で過ごす12歳の少年がいた。小学校6年生で、この春に施設の近所の公立小学校を卒業し、4月にはやはり公立の中学校に通うことになる。この6年間、彼は施設の先輩から譲られたお古のランドセルを使い続けていた。

この彼の施設に、伊達直人から、新品の最新型のランドセルがいくつか届けられた。園長先生が言った。

「3ヶ月だけだが、貴方がこれを使いなさい」

6年生ともなれば、ランドセルが眩しくみえる歳ではない。ランドセルではなく、もっとシャレたバッグを使いたい。それでも、そんなモノを買ってくれる人でもないので、1年生の時から使っているボロボロのランドセルを、まだ使っている。新品のランドセルを渡されても、うれしくなかった。けれど、少年はもうある意味で大人だった。だから、優等生だった自分にそれが与えられたことを理解し、決してうれしくなかったが、それでも使うことを受け入れた。

「やあい、乞食

と、学校で言われた。それ以来、彼にとって、伊達直人という名前は憎悪の対象となった。

元々腕力だけは自信のあった彼は、やがて不良と呼ばれるような成長を遂げ、仲間を率いて、盗んだバイクで走り出し、その度に、街のあちこちにスプレーで「伊達直人参上」と吹き付けた。あれから3年、伊達直人の名前は「暴走族虎仮面」として、再びマスコミを賑わせることになる。

あれっ、おかしいな、こんな話を書くつもりじゃなかったんだが。





私的にこのセンスは大好きですw
投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
黒王     2011.1.11
名古屋地下格闘技イベント黒王にいってきました。


同じジムに通うお友達のセコンドをやりましたよん




なんとゲストには
アレクサンダー大塚選手!!!

豪華です

地下格闘技という名前とはうらはらに
プロの興行よりもお金をかけたであろう
素晴らしい演出が目を引き
ラウンドガールやライブなども充実!!

一部試合にはあおり映像まで

そしてレフリーやジャッジまでTVで皆さん見た事あるだろうプロの面々です。

アマチュア選手がこの環境で試合できるのには
驚愕です。




しか~し

忘れてはいけないのが、地下格闘技!!
すなわちアウトローの方々の大会なのです

客入れ前の段階でもすでに
殺気だった雰囲気がwww

怖い・こわすぎる(T、T)

右みても左みても目があったらやばそうな方々ばかり
私がセコンドにつく選手D君もかなりビビッてました・・

初めての試合でここに出る勇気に完敗ですww






試合が始まると沢山のお客さんが来場

もっと怖い雰囲気にwww

そして客席からは選手の応援とやじが交錯する声援


「オトセー」

「なぐれー」

「殺せーー」




最後の言葉には沈黙orz

そして

乱闘勃発!!!



いたる所に注意書きあるのに・・・・・










さてさて
D君はというと


なんと



やってくれました!!!


フルマークの判定勝利

この雰囲気にのまれずに全力で戦った

彼の勇姿に感激♪

テクニックはにのつぎにバチバチの殴り合いを
最後は気持ちで勝ったんじゃないでしょうか

見てる方はヒヤヒヤして喉ガラガラでしたが
判定結果が出て彼の腕が上がった時には
みんなで喜び爆発!!!



その後、会場を後にして地元に帰って
お酒を飲んで勝利を喜びました@


D君おめでとう!!!

次回もがんばってね







勝利者メダルもかっこいいぜ~♪




















投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマハ マジェスティーC 入荷!   2011.1.8


最新在庫情報です!

ヤマハ マジェスティーC 2003年式を入荷しました!






画像はこちら












価格は298000円でお手頃です!

マフラーやリアサスなどなどライトカスタムですお♪


いじってコテコテにするもよし

スピーカーで爆音でもよし


お客様の好きな感じにしてください!

もちろんこのままでもGoodですよ~^^


お気軽にお問い合わせください。













投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)