名古屋市の中古バイクショップ | Bike Shop トサカ
HOME>トサカblog

トサカblog

電動バイク EV SEED特集 試乗編    2011.5.19


 








Terra Motors SEED48

実際何km走れるの?  満を持して編集部にやってきたEVバイク“Terra Motors SEED48”。日常生活で使うには、十分な動力性能を備え、ちょっと買い物に出るには、とても重宝しています。
 でも乗っているとき、いつも気になるのは“ガス(電)欠”まで、どのくらい走れるのだろう?という疑問。だったら一度テストしてみよう。ということで、早速燃費テストをしてきました。

 電動バイクを購入する際、一番気になるところは、やはりバッテリー満充電に対しての、実際の走行距離、つまり燃費だと思いませんか?カタログスペックを確認すると、1回の充電で35㎞程度は走ると書かれていますが、えてして車もバイクもこういったカタログスペックには及ばないもの。というのも、クルマの場合は10・15モードでのテストや、原付の場合は、法定最高速度30㎞/hで、定地走行だったりと、条件がよい場合が多いからです。なので今回は、実際に街を走らせて、どの程度走るかテストしてきました!!
 満充電したSEED48に乗り、編集部のある水道橋から、テストのスタートポイントとした日本橋へと向かいます。なぜ日本橋なのかって? あまり理由はありませんが、日本の道はここからはじまっているからww。日本橋に到着した時点で、5キロ近く走ってしまいました。バッテリーメーターの目盛の減り具合や、速度などをチェックしながらスタートです。
 テストルートは、いたって簡単。国道15号線をずっと南下し、どこまで行けるかというもの。しかし帰りのことを考えて、バッテリーメーターの目盛が半分まで下がったら、引き返そうという魂胆。さてどこまでいけるのかな? レッツスタート!!
 日本橋.銀座.新橋界隈、いわゆる中央通は買い物客でいつも賑わい、タクシーが左車線で客待ちをしている渋滞ポイント。無音のEVバイクSEED48は、道行く人に不思議がられながら、すいすいと快適に進むことができます。バッテリーも満タンでモーターも元気!!
 新橋を過ぎて車線が広がり、第一京浜となると、周囲の車のスピードが俄然上がります。こういった幹線道路に入ると、スロットルを全開にし続けるので燃費は悪そうです。とはいえ、避けては通れない道(避けてもいいのですがw)。周りの原付と比べても同等のスピードで走れますし、想像以上に良く走ります。
 実際に使うと良く分かるのは、一般的な原付スクーターサイズということは利点であること。航続距離や動力性能を考え、軽量化するというのも一理ありますが、とはいえ実際のところ、さほど変わらないでしょ? それに比べ、現在の原付スクーターのスタイリングは完成されたものであり、

Terra Motors SEED48 Terra Motors SEED48 日本の道の始点となる道路元漂がおかれた“日本橋”深い意味は無いですが、気分的にスタート地点としたくなる場所です。日本中にある「東京まで何キロ」とは、ここまでの距離のこと。

ポジションや風の当たり具合、座り心地など、とても快適に使えるようにできているのです。
 燃費テストですが、田町、泉岳寺、品川と、調子よくパスして進みます。無音で走るスクーターは、歩行者も興味があるようで、どこでも注目の的。日本橋から約15キロ地点にあるしながわ水族館で、バッテリーメーターは半分まで減ったので、ここでUターン。
 日本橋まであと数キロというところで、バッテリーメーターがエンプティに入りました。こうなると、たまにトラクションが抜け、ガソリン車で言うところのガス欠症状が出始めました。それでも何とか走り続けましたが、交通量が多くなってきたので、テスト終了。結果は、バッテリー満タン状態から約30キロ走行できました。
 条件の悪い幹線道路を使ったテストと考えると十分な数値。他メーカーのEVよりも優秀と考えることができるほどの結果です。これで10万円ですから、かなりお得なEVです。
Terra Motors SEED48
水道橋にある編集部で満充電してからスタート。今のところ日常生活で使っている分には、ガス(電)欠経験は無し。
Terra Motors SEED48
日本橋でのオドメーターは大体55キロ。水道橋から日本橋までは約5キロでした。行けるところまで行ってみよう!
Terra Motors SEED48
一般的な原付と同じように走ることができる。走行ノイズは皆無とも言えるほど小さいので、歩行者が振り返ります。
Terra Motors SEED48
品川駅を通り過ぎJRの線路をこえるところは、意外と急坂で、しかも交通量が多いのですが、シード号は難なくクリア!
Terra Motors SEED48
隣に原付スクーターが並んでも、遜色ないデザイン。むしろカッコイイ!! トップケースは、ちょっと羨ましいです。

Terra Motors SEED48
EVスクーターを使い出すと、“ガソリンスタンドにも行ってないなあ”と思います。お財布にとても優しいのです。

Terra Motors SEED48
テストを終了した際のオドメーターは81キロ。満充電から31キロ走れました。冬場は走行距離が20%減になることを考えてもかなり優秀!
Terra Motors SEED48
バッテリーメーターの目盛が、約半分のところまで来たので、Uターン地点とした、しながわ水族館前。帰りを考えなければ、もっと行けたのに!!

 

 





一回の充電で掛かる費用は

 なんと  30円!!!!!!!



テラモーターズ SEED48

テラモーターズ SEED48
 

  • テラモーターズ SEED48
  • テラモーターズ SEED48
  • テラモーターズ SEED48
  • テラモーターズ SEED48
  • テラモーターズ SEED48
  • テラモーターズ SEED48
概要
メーカー名テラモーターズ
車種名SEED48
型式
車両重量86kg
全長×全幅×全高1,800mm × 660mm × 1,060mm
軸間距離1,290mm
最低地上高110mm
シート高730mm
乗車定員1
メーカー希望小売価格(税込)99,800 円
スペック
性能
モーター出力600W
トルク
最高速度45km/h
実用登板力10度
1充電実用走行距離35km~45km
バッテリー種類シリコンバッテリー
バッテリー容量12V20Ah×4
充電電源
充電時間70%充電まで 2~3時間 100%充電まで 7~9時間
充電回数
車体関係
タイヤサイズ(前)3.00-10
タイヤサイズ(後)3.00-10
ホイールサイズ(前)
ホイールサイズ(後)
ブレーキ(前)
ブレーキ(後)
懸架方式(前)
懸架方式(後)
装備
充電器OP(税込:18900円)
リアボックスOP(税込:3980円)
ヘルメット収納スペース
回生機能
盗難防止装置
カラーバリエーション
色系統メーカー標準
黒系
ブラック
白系
緑系
マルーン(茶)系
オリーブ系
紺系
紫系
灰系
黄系
黄緑系
シアン系
マゼンタ系
銀系
シルバー
赤系
ピンク
青系
ブルー
テール系
パール系
金系

※一部車体色によっては価格が異なる場合が有ります。
 




投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
電動バイク EV SEED特集!     2011.5.19

当店で取り扱いを開始しましたEV(電動バイク)SEEDが紹介されていましたのでコピペしておきました!

最近では2日ほど前にもYahoo!ニュースのトップにも上がっていました、
EVはもうすでにメジャーな物と言ってもいいかと思います。


電動バイクがやってきた
『TERRAMOTORS SEED』

 電動バイクは前々から編集部に1台欲しかったんですよ。自転車ブームに乗って、自転車を購入しようかとも考えたのですが、スタッフのみんなもう〝人力車.には戻れない体。燃料や維持費などの面で、コストパフォーマンスに優れたEVバイクを探していたのです。
 ところがいざ探し始めてみると、たくさん車種があり、どれにするか悩んでしまいました。色々と調べ候補に挙がったのは、この3車種。
●ヤマハ EC-03(25万2000円)=電動バイク開発に長年取り組んでいるためクオリティが高い。
●TERRA MOTORS SEED(9万9800円)=今春発売される新型電動バイク。なんといっても、 10万円を切る価格が魅力。
●Prozza ミレット(13万8000円)=ペダルが付いているので、電力がなくなっても、こいで走ることができる。
 どれも、メリットがわかりやすいのですが、せっかく誌面でテストすることや、お財布事情を考えたうえで、一番安くて面白くなりそうなテラモーターズのシードに決定しました。詳しいインプレッションは次号で紹介するとして、今回は編集部にやって来たシードの説明をしましょう。
 第一印象は一般的な原付スクーターと変わらないイメージ。電動バイク然としたモデルが多い中、とてもとっつきやすいと思います。ただし、車重が86kgと、ヤマハのEC-03と比べ30kg重いので、電力消費がやや心配です。メーカー発表のスペックによると、100Vの家庭用コンセントで充電、70%充電するのに2.3時間、7.9時間で100%ということ。1回の充電で35.45㎞ほど走行ということ。実測値は次号で紹介しましょう。
TERRAMOTORS SEED

見た目はフツーのスクーターだけど・・・
フル充電で45kmも走れるEV!

 ここ最近ヤマハEC-03の発売やホンダEV-neoの発表など、国内メーカーの電動バイク熱がヒートアップしてきています。しかもホームセンターや大型電化製品店という、今まで原動機付き自転車を扱わなかったようなお店でも、電動バイクが販売されるようになりました。
 しかし実際に購入するとなると、その使い勝手やクオリティが気になるところ。皆さんもそう思うでしょう? そこで当編集部では、今春発売する電動バイクを一台購入し長期連載をすることにしました。さてさて、最新の電動バイクの出来はいかに。

家庭用100Vコンセントで充電OK!

TERRAMOTORS SEEDTERRAMOTORS SEED
一般的な100Vコンセントで充電をします。ガソリンエンジンに比べ、コスト的には1/7ほどしかかからないということ。地球にも財布にも優しいエコバイクなのです。
TERRAMOTORS SEED
鉄製の600W高出力インホイールモーターを採用。出だしから力強いです。想像以上によく走りますが、きつい上り坂はちょっと辛いかも。
TERRAMOTORS SEED
①スロットルを開けていてもブレーキを握ると、動力が無くなる設定。安全対策なのかもしれないけど、極低速走行時にブレーキを使えないのは不便かな。
TERRAMOTORS SEED
②立派で頑丈そうな、キャリアが装備されています。海外販売でのタンデム走行も想定し、二人乗りもできるようになっています(国内は原付一種登録)。
TERRAMOTORS SEED
③センタースタンドとサイドスタンドが、どちらも装備されているのでとても便利。日常的な使い勝手を、しっかりと考えていますね。

TERRAMOTORS SEED
④シート下にはメットインスペースがあります。フルフェイスはぎりぎり入らない程度の広さだけど、あると無いとでは大違い。フルフェイス用のフックもあるので安心。
TERRAMOTORS SEED
⑤特にスターターは無く、イグニッションキーをオンにするだけで、走り出すことができます。次号ではフルチャージから、どれだけの距離を走れるかテストします。
TERRAMOTORS SEED
⑥フロントカウルに備えられた小物入れ。容量が大きく便利です。走行音が無く寂しいので、ゆくゆくは、ここにスピーカーでも組み込もうかな。
TERRAMOTORS SEED
⑦プリロード調整が可能なリアサスペンションが左右に装備されています。乗り心地は悪くない。ただし攻めるような走りをしようとは思わないほうがいいかもしれません。
投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ゼファーχ!          2011.5.17

かっこよく仕上がりました!


カワサキ・ゼファーχです。エックスじゃありませんよ。kaiですよw

たまーに間違えてる方いますので・・・w



自信ありのかっこよさです!!!










画像ではわかりにくいのですが、ベースがブラックメタッリクで中の赤もメタッリク入りで超かっこいいです!



太陽が当たるとキラキラとまた違った色合いに見えて素晴らしく上品!

気品溢れる大人の色気がたまんない!!!!w








う~ん

さすがニューペイントです。

何度も言いますが、カッコイイ♪









走行距離も少なく3000キロ♪




価格は34万8千円です。

現在マフラー付け替えるかどうか悩んでますw

今ならカスタムするかノーマルかお客様に選んでいただけます!!!!!


ほしい方はこの機会にぜひ!!!!

今がチャンスですよ~











この他にもゼファーχの在庫がありますので

詳しくはお問い合わせくだされ~~~~



宜しくお願いします。







投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
次世代バイク EV 電動スクーター取り扱い開始

環境性能に非常に優れた次世代バイク

電動スクーター(EV)SEEDを取り扱い開始いたしました!






燃費性能にも非常に優れております。


 


1回の充電で掛かる費用はわずか30円!!
ガソリン代と比べてもその差は歴然です




ちょっとした荷物はハンドル下の小物入れに。


ハーフサイズのヘルメットはシート下に収納可能。




ガソリン車よりも手軽にEVをSEDD48もう一つ上の走りへSEDD60
※坂道の多い地域にお住まいの方はSEED60がオススメです。
価格車両本体 99,800円(税込) / 充電器 18,900円(税込)車両本体 149,800円(税込) / 充電器 18,900円(税込)
全長1,800mm1,800mm
全幅660mm660mm
全高1,060mm1,060mm
車両重量86kg98kg
乗車定員11
1充電実用走行距離35km〜45km35km〜45km
最高速度45km/h55km/h
実用登坂力10度12度
モーター出力600W600W
バッテリー種類シリコンバッテリーシリコンバッテリー
バッテリー電圧・容量12V20Ah×412V20Ah×5
充電時間70%充電まで 2〜3時間 100%充電まで 7〜9時間70%充電まで 2〜3時間 100%充電まで 7〜9時間
前輪ブレーキドラムブレーキディスクブレーキ
タイヤサイズ3.00-103.00-10
軸間距離1,290mm1,290mm
最低地上高110mm110mm
シート高730mm730mm

※仕様及び外観に関しては、予告なく変更することがあります。



 

  • Q&A
     

電動バイク「SEED」は何CCに相当しますか?

50ccの原付バイクに相当します。税金、保険、免許、法規など全て原付扱いとなります。

任意保険にも加入できますか?

加入できます。 任意保険は自動車の任意保険のファミリーバイク特約の範囲内になります。

運転時にヘルメット装着は必要ですか?

必要になります。

公道での走行は可能ですか?

免許があり、市町村役場でナンバープレートを取得し、自賠責保険に加入すれば、走行できます。

2人乗りは可能ですか?

2人乗りはできません。電動バイクSEEDシリーズは原付扱いとなります。

どこで販売しているのですか?

ネットワークの欄をご覧下さい。

すぐに購入できますか?

在庫状況は販売や入庫によって日々変化します。電話等でお問合せお願いします。
御希望の車種・色・型の在庫がない場合、納車待ちとなります。

カバンなどの収納場所はありますか?

シート下にございます。

ヘルメットは収納できますか?

ハーフヘルメットが収納可能です。フルフェイスヘルメットとジェットヘルメットは入りません。

リアボックスの大きさはどのくらいですか?

縦380mm、横380mm、高さ300mmになります。

バッテリーは取外し出来ますか?

取り外しは出来ません。

充電コードの長さをおしえてください。

170cmになります。

充電器の大きさをおしえてください。

縦155mm×横125mm×高さ65mmになります。シート下のメットインに収納可能ですが、入れたままの走行は故障の原因になります。

充電時間はどれくらいかかりますか?

70%充電まで 2〜3時間 100%充電まで 7〜9時間 かかります。

バッテリーの寿命はどれくらいですか?

充電回数は通常約450回が寿命になります。平均して約3〜4年になります。

バッテリーの交換費用はおいくらですか?

SEED48は39,900円(税込)+工賃になります。また、SEED60は49,875円(税込)+工賃になります。

バッテリーを長持ちさせるには?

出来るだけ残量がある状態(フル充電)にしておくことが重要です。
少しでも乗ったらすぐに充電した方が長持ちいたします。
長期間乗車しない場合はシート内のブレーカースイッチを切っておくことをお勧めします。乗らない場合でも月に一度はしっかり充電してください。
完全に放電させると寿命が短くなります。

取り扱いに免許は必要ですか?

50V以上の電動バイクの販売には、『低電圧講習』(正式には「低圧電気取扱い業務特別教育」と呼ぶ)を受講する必要があります。SEED48の販売の場合は必要ございませんが、SEED60の販売には講習が必要になります。※ご購入のお客様には講習は必要ございません。

充電時の電気代はいくら位かかりますか?

残量が無い状態から満タンまで充電した場合、約30円です。

電池残量はどのように判断しますか?

残量メーターでご判断をお願いします。

1回の充電でどのくらい走行できますか?

35km〜45km走行可能です。

最高速度は何km/hですか?

SEED48は約45km/h、SEED60は約55km/hになります。

坂道が多いところに住んでいます。どれくらいまで登れますか?

SEED48は登板角度が10度までの坂道を、SEED60は登板角度が12度までの坂道は登ることが可能です。

故障した場合どこで修理できますか?

お近くのTerra Motors製品メンテンナンス対応店にお尋ねください。

他のメーカーの部品を代用できますか?

他メーカーの部品は基本的に使用出来ません
故障の原因になります。

自分でできる整備事項はありますか?

1:特に空気圧の点検お願いします。
2:各部の緩み等の点検をお願いします。

登録手続きの方法は?

在住市町村役場にて、所有者の印鑑と販売証明書を持って、担当部署で登録申請します。
標識交付申請書に必要事項を記入し提出します。
登録証(標識交付証明書)とナンバープレート(車両に取付けます)が貰えます。





カラーバリエーション







4色ございますので、お好きなカラーをご注文いただけます。

また、当店では試乗車をご用意しております。

ご試乗の際はオートバイに適した服装でお願いいたします。(長袖、長ズボン、肌の露出が少ない服装)
免許証のご持参をお願いします。
ヘルメットは貸し出しサービスが御座います。


製品(SEED)は、すべて新車となります。
メーカー保障が1年間ございます。


電動スクーターは、エンジンが無い為、非常に静かで快適な走行ができます。

環境性能、燃費も非常に優れており経済的です。

普段のお買い物から通勤、通学まで必ずご満足いただける物と思います。

この機会に是非、ご検討をお願いいたします。



販売元メーカーHP http://www.terramotors.co.jp/products/






投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマハ XJR400入荷~         2011.5.15
ネイキッドの人気車種XJRを入荷しました!

バイクの季節到来で商品の回転が速くなっております!!


お探しの方はおはやめに~










走行距離は少なく

6000キロほどです!

社外マフラー付きです



価格は24万8千円ですよ~



この他にも、ゼファー4002型を新規入庫1台!


ゼファーχを2台入荷

スズキGSX400インパルスSを1台入荷!


インパルスのSはリペイント中!!!


ゼファーχの2台はカスタムペイント中です!!


塗装が出来次第にまたUPしますのでご期待あれ!!!







投稿者 Bike shop トサカ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)